『ジョジョの奇妙な冒険』で最もわかりやすい第3部を紹介してみる

 

M(エム)です。こんにちは。先日は愚痴をこぼしてしまいすみませんでした。年ばっかり食ってますがほぼ社会人1年目でアホ晒しまして。これからいくらでもそういう事例はあると思うので慣れるようにします。

 

1月で終了の生徒がたくさんおり、2月はそれなりに時間ができそうです。閑散期を無駄にしないようにせねばと考えています。そして新年度(4月以降)からもどうやら契約を更新してもらえそうな感じ。3月がたぶん一番ヒマです。その間にPC作業できるといいなと思ってます。 

 

書くネタがなかなかなくて、いつもコメントをいただくid:nikoda2さんがブログで扱っている『ジョジョの奇妙な冒険』を取り上げることにしました。

 

nikoda2.hatenablog.com

 

第1部から長期にわたり続いており、主人公もその都度変わるのですが、中でも一番ストーリーがシンプルでわかりやすい第3部を紹介したいと思います。

 

 

ざっくり言うと、「襲い来る敵と戦いながらラスボスのいるエジプトまで旅をするお話」です。「スタンド」という超能力をもつ登場人物(スタンド使い)がそれぞれの個性を生かして戦いを繰り広げます。

 

「スタンド」はタロットカードに暗示される名称・能力を持つという設定だったのですが、最後の方はタロット由来以外のスタンドも登場しておりました。

 

主人公

 

まずは、主人公・空条承太郎から紹介します。

 

f:id:MT6538:20190125135341j:plain素直で可愛い幼少期

 

f:id:MT6538:20190125140045j:plain順調に好青年に育っています

 

 

 

しかし!思春期に~少年から~大人に変わる~!(by徳永英明)

 

 

 

f:id:MT6538:20190125135723j:plainどうしてこうなった!

 

※承太郎のお母さんは出家もしておらず海で魚介類を採ってもいません

 

オラオラ系男子のさきがけでございます。

 

 

f:id:MT6538:20190125142711j:plainスタンド「星の白金」(スタープラチナ)

 

 

 

不良であるにもかかわらず、学生服が大好き。最初から最後まで、どんなに暑かろうと冬物の学ラン学帽で通すというこだわりの男です。

 

 

f:id:MT6538:20190125140211j:plain

 

 

そして!なんと男子小学生の憧れの職業の第2位にランクインしているとか・・・。どこの調査かわかりませんが。ラブライバーって何(゚Д゚;)

 

 

f:id:MT6538:20190125135428j:plain喰種(グール)も2位なん?

 

 

不運な男アヴドゥル

 

旅をする仲間の一人に、モハメド・アヴドゥルという男がいます。「魔術師の赤」(マジシャンズ・レッド)という炎を操るスタンド能力を持っている主要キャラクターです。

 

途中、銃のスタンド使いの攻撃で死んだとされていましたが・・・。

 

f:id:MT6538:20190125143200j:plain角度的にがっつり刺さってる

 

当たった瞬間にのけぞったため、皮膚をえぐっただけで実は生きてました、ということで再登場します。が、最終局面、ラスボスであるディオの館において、仲間をかばい両腕を残して消滅。一瞬のできごとでした。最後の見せ場がなくて残念・・・。

 

f:id:MT6538:20190125144515j:plainえ、これで出番終わり!?と思った

 

デザインが好きだった「銀の戦車」

 

特に形が美しいなと思っていたのが剣の達人スタンド、銀の戦車(シルバーチャリオッツ)で、フィギュアを家に飾ってもいいと思えるほどでした。主要キャラクターの一人、ポルナレフの能力で、最後まで活躍します。

 

f:id:MT6538:20190125145611j:plain最初に登場した時は敵

 

 

 

f:id:MT6538:20190125150019j:plainジャン・ピエール・ポルナレフ(嘘)

 

 

 

f:id:MT6538:20190125145942j:plainその正体は南野陽子(さらに嘘)

 

 

最後の戦い(ネタばれ注意)

 

ラスボスは、第一部で海底に沈んで生死不明となっていた吸血鬼・ディオです。そのスタンド世界(ザ・ワールド)は自分以外の時間を止めるというもので、これってどうオチをつけるのかなと思っておりました。

 

f:id:MT6538:20190125153058j:plainちょっとアメコミっぽい



遠路はるばるエジプトまで来たものの、仲間たちは死亡したり重傷を負ったりで、残るは承太郎ただ一人です。彼もとうとうとどめを刺されそうになりますが・・・。

 

f:id:MT6538:20190125152636j:plain

 

都合よく自分も時間を止めることに成功!作者もそろそろ潮時と思ったのか、承太郎のスタンドが「ザ・ワールド」を殴ると、そこからひび割れて本体ごと倒すことに成功するという結末でした。

 

ちなみに第1部では目からビームを出すことができたディオですが、この時はその能力はあえて使わず、わざわざナイフを投げたりしておりました。あのビーム、もう一度見たかったのですが、相手がすぐ死んじゃうのでなかったことにされたのでしょう。

 

時がたち第4部。学ランが着られなくなった承太郎ですが、30歳ぐらいになっても同様のいでたちを好み、今度は真っ白な学ラン風の衣装で登場するのでした・・・。

 

f:id:MT6538:20190125154138j:plain演じたのは伊勢谷友介氏。

 

 

おわりに

 

いかがだったでしょうか。長い連載作品なので紹介するのは難しいのですが、最も内容がつかみやすいと思われる第3部を紹介してみました。小学生男子はとりあえずキッザニアに連れていけということですね。ここまで読んでいただきありがとうございました。