リアルでの人間関係構築はハードル高すぎるとしみじみ思う

こんにちは、M(エム)です。初めてドトールにノートPC持ち込んでみました。家のWi-Fiより快適な気がします。今回もまた頭の中をだらだらと垂れ流した記事になっておりますが、読んでいただければ幸いです。

 

 

 

ブログの交流では皆優しかった

 

最初にこのブログを開設してから5ヶ月経ちましたが、思っていたよりはるかに皆さん優しく、安心して続けることができました。途中私は何度か情緒不安定な記事を上げたり他者を批判するような記事書いたりでだいぶ迷走と反省の繰り返しでしたが、おそらく苦笑いや呆れ顔ながらも広い心で読んでいただいたのかなと思います。

 

しかし!それはネット上 匿名だから

 

という条件があってのことですね。現実世界では私の経歴や現状ではおいそれと人と交流することにはならないなとあらためて思っています。実にぜいたくな願望なのですが、これから先、ほんの少しでいいので

 

  • ある程度信頼できる人
  • 相談してアドバイスをもらえたりできる人
  • いざというとき助け合える人
  • 気が合って楽しく話せる人

 

などといった条件を満たす人と知り合えないかと思っているのですが、これが極めてハードル高いです。まず、私からは「こーゆー者です。以後お見知りおきを」とか絶対言えません。ブログでは「長い間ひきこもってました!今年からフリーターやってます( `・∀・´)ノヨロシク」とか平然と書けますが、これはもう期間限定、匿名前提でやってることです。

 

やりすぎましたけど

 

 

来年の6月いっぱいまではてなproを契約してるので、そこまでは続けます。ブログやってみて、いくら匿名とはいえ思ったこと好き勝手書くのはダメだと今さらながら気がつき、自分で読んで不快感を感じた過去記事などは非公開にしていってる最中です。最初から書くなって話なんですが

 

また、特定される確率は非常に低いと思うのですが、記事中に不用意な情報を書き散らしていたことも気になり始めまして、それらも確認している最中です。業界に詳しい人がいたら勤務先の候補を絞られるかもしれない。そう思い始めました。

 

 

職場で気を緩めたらいけない

 

常に注意を払っていたつもりではあったのですが、うっかり気が緩んで職員さんの機嫌を損ねたことは後で大いに悔やみました。今考えてみても、そこまで怒るようなことを言ったつもりはないのですが、その辺は感覚が違いますしね。ただ、最初の印象とすっかり変わってしまったので、そこから私も警戒レベルを引き上げ、その人のみならず他の職員さんや講師とも用件以外で顔を合わさないよう細心の注意を払うようになりました。

 

せっかく快適に働ける場を得たのに、やらかして辞めるような状況にはしたくないです。トラブルになったり嫌な思いをしたりするリスクを最小にするには、私がこういう人間ですというのを極力知られるわけにはいかない。ただ信用を得られる働きをするのみです。

 

さらに年いってから趣味のサークルとか入る?

 

日本は高齢化がますます進むということなので、老人の集まりみたいなものがもっと増えますかね。どういうところで探せば、上に書いたような人たちに出会える可能性があるかなと思います。もう皆引退していて、社会的地位とか収入とか互いに気にしないでしゃべってくれるような人たちが気楽に集まるような場所・・・。そういうのができてくれないかと期待しています。

 

 

おわりに

 

いかがだったでしょうか。皆さんはもちろんリアルの世界でも人間関係しっかり作っておられるのでたぶん意味がわからなかったと思いますが、私はそんなことも今後の課題となっています。ブログで皆さんに優しくしていただいていることは本当にありがたいと思っており、現実世界ではそういうことは言ってもらえませんしね・・・。ともあれ、すべてひっくるめて自分の生きてきた結果ですし仕方ありません。さてと、ドトールは出ます。ここまで読んでいただきありがとうございました。