明日は明日の風が吹く

某塾で個別指導講師やってます。日記とか考えたこととかを記事にしています。

良きお父さんブロガーの皆さん

f:id:MT6538:20180916134206j:plain

 

 

こんにちは、M(エム)です。私がひそかにはてなブログで楽しみにしていることの1つに、子煩悩なお父さんが書いている記事を読むことがあります。もちろんお母さんもたくさんブログを開設しておられて、お子さんへの愛情はお母さんの方が深いと思うのですが、記事でストレートに子供に対する愛情を表現しているのは男性の方が多いかな?というような気がしています。

 

 

幸せとは

 

家庭円満で子供の成長を楽しみに毎日を過ごすというのは、私が考える幸せの1つの形です。記事を読んでいると、「ああこの人は幸せなんだなあ」というのが自然と伝わってきて、こちらもいい気持になります。皆さんのお人柄ですね。

 

「予想以上に世の中にはいいお父さんっているのか」と思ったり、あるいは家庭が幸せだから「ブログでも書いてみようか」という気になるのかと思ったりしました。

 

日々、自分の子供に愛情を注ぎそして自分も幸福感に満たされると自然とそういう雰囲気が文章からも出ている気がします。実際にお会いすればなおさらそういう雰囲気を醸し出しておられるかもしれません。もちろん100%いいことだけではないでしょうが、心配や悩みを差し引いても幸せが上回っているのかなと思います。

 

別の形を求めて

 

こうした幸せなご家庭の話を聞いて、ひがみとか嫉妬とかそういうものは一切ないです。むしろいいお話のおすそ分けをいただいてありがとうございますという感じ。たまたま下記の記事を目にしましたので貼りますが、↓

 

独身中年の孤独|家族は「制約」か「絆」か - ニャート

 

私は圧倒的に家族を作るのに向いていない側です。好きな単語の相当上位に「自由」というのがランクインします。1位かもしれません。しかもあんまり孤独について気にしない性質です。

 

「自由だけど孤独」>>(越えられない壁)>>「孤独ではないけれど不自由」という価値観ですね。孤独っていっても無人島や山奥で独居というレベルは無理ですが、都市部で人口がそこそこあって店とかあればもうそれで十分満足というような人間です。

 

しかし、矛盾するようですが、私はまだ

 

幸福になることをあきらめてはいない

 

わけです。それがどういう形なのかはっきりしておらず、したがって向かう方向もよくわかっていないのですが、最終目的はそれ。健康を取り戻したり経済的に安定したりに当面の間は頭を悩ませることにもなると思いますが、結局は自分が幸せになるにはどうしたらいいのかという問題につながっていますね。

 

ただその幸せの形は家庭を作って配偶者や子供たちと築いていくものではないので、自分なりのスタイルを確立しなければならないと思っています。

 

 

ヒントらしきもの

 

人生の後半に入り、どういった考え方をベースに生きていけばいいかと考える時があります。前半ではとにかく人から貰うことが多いです。親からだったり社会からだったり。普通の人は社会人になって労働したり子供を育ててちゃんと還元していくわけですが、私の場合は全くそれができていないです。自分のエネルギーを考えるとこの先もたいして還元できる気はしません。しかし、ようやく今年の6月から仕事を始めて、お金はもらってはいますが多少でも役に立った感があると私のような人間でもうれしいと感じます。なので、

 

今はとりあえず文句言わず仕事しろ

 

という結論に達しました。このブログではだいぶ愚痴をこぼしてきましたが、生徒の親がだいたい私と同世代だろうと思います。子供は挫折したりサボってみたり悩んだりいろいろな状況に陥るのは当然で、そうした時にも親はちゃんとそばで見守っているわけですから、同年代の私は親と同じ思いには決してなれないとはいえ、もうちょっと心を広く持たないといけないなと今日のところは思っております(また日によって何書くかわからないので予防線はってます)。

 

誰かに少しは還元できる機会を得たことで今までよりは多少の好循環に入ろうとしているのに、文句ばっか言っててそれが失われたらどうするんだと(笑)。

 

ニャートさんの記事にもありましたように、私が高齢者になるころには独身のお金のない老人があふれているでしょうから、そうした人同士のネットワークとか発達して知り合いの作りやすい世の中になってればいいなと願ってはいます。

 

しかしそんな甘くもなくて弱者はいっそう生きにくくなり見捨てられるだけになっているかも。それはわかりませんが何か自分に合う生き方がどこかで見つけられればということですね。

 

おわりに

 

いかがだったでしょうか。ブロガーの皆さんのお子さんたちは日々どんどん成長されているようで、そうした状況を読むのも楽しみです。今後もすくすくと成長されることをお祈りします。私は男なのでお父さんの気持ちの方がまだしも想像できるような気がしただけで(それもしょせん「なんとなく」)、お母さん方はもちろんお父さん以上にお子さんを大切にしておられることと思います。

 

【格言】よその子とゴーヤは育つのが早い 博多華丸・大吉の漫才で話題のおもしろ格言が意外と深い - NAVER まとめ

 

そういえば確かにゴーヤもすぐ大きくなりますね。ここまで読んでいただきありがとうございました。