明日は明日の風が吹く

某塾で個別指導講師やってます。日記とか考えたこととかを記事にしています。

人の心を変えるのは難しかった(というか無理だった) <塾のお仕事日記>

こんばんは、M(エム)です。簡単更新になります。

 

今日は1コマだけの授業予定でしたが、生徒は当日欠席の連絡がありました(まあ連絡くれるようになっただけでもましになったのです)。これまで15回授業のうち、7回欠席。初期には遅刻も何度もありました。

 

そして、10月からご家庭の経済的理由で、講師を大学生に変更することに。授業料が違うのです。私は9月いっぱいでお役御免となりました。

 

「私に関してご家庭からご意見をもらっているのなら教えてほしい」と職員相手に粘ってみましたが、そういうことではないし問題があれば講師にも伝えますからとあくまで口を割らないので(←疑いすぎか)やむなく引き下がることに。英語講師の方も交代らしいので本当にお金の問題かもしれませんが、たぶんプロ講師なのに子供をちっともやる気にしてくれないという不満だったのではと思ったのです。

 

残念ながら、彼の心を受験に向かうようにすることはできませんでした。力不足です。9月はあと9回授業がありますが、5回来ればいい方でしょうか。もはや彼に言ってやれることは何一つありません。引継ぎの書類を書くことになりますが、いい大学生に当たることを祈ります。綺麗なお姉さん系とかなら休まないんじゃなかろうか(爆)。

 

虚しさと徒労感が残りましたが、仕事ですから最後までできるだけのことをしてバトンタッチすることにしましょう。正直お手上げでした。浪人生なんだからバイトやめた方がいいよとは言えなかったし、最後まで言わずに終わります。