明日は明日の風が吹く

某塾で個別指導講師やってます。日記とか考えたこととかを記事にしています。

人を大事にしない組織は生き延びられるのか・うんこドリル大量退社に関連して

news.livedoor.com

 

他にも各所取り上げてますがリンク1つだけ貼ります ↑

 

この人手不足の時代に、と思いました。

 

以前、私の取り分は生徒の家庭が払っている授業料の1/4ぐらい、と書いたことがあったかと思います。でもこれ、けっこう待遇いい方です。他にも研修やら何やら、ちょっとしたことでも手当出してくれますし。

 

一方、難しいことで有名な某有名通信教育の系列教室は、教える内容に比べて時給安すぎです。もちろん、私はこんな難しいところで働く能力ないです(これは強調しておきたい)。単にたまたま募集広告を見ただけです。

 

今、私は1対1で教科書程度の内容を教えてます。しかしこの教室の難しい内容の集団授業の時給とほぼいっしょ。ちょっとだけ私のもらってる分の方が高い。

 

楽な内容の1対1の時給 > 超難しい集団授業の時給

 

という構図を考えて、この通信教育の教室にいい講師は残るわけないと思いました。

 

あと、私が同時期に応募したところは、100分〇〇円という話で、今の塾より高時給だったのですが、間に50分空き時間ができその部分はノーギャラだよーんと面接時に説明され口(くち)ポカーン状態。それって実質150分単位で拘束されるってことだし、募集のHPに書いとかないといかんのじゃないかと思いました。

 

人を大事にする組織と人を使い捨てにする組織、混在していますから入る前によく見極めましょうね^^