明日は明日の風が吹く

某塾で個別指導講師やってます。日記とか考えたこととかを記事にしています。

カラフルなキノコとかね

記事の手直しをしてグーグルアドセンスの再申請をしたら、「即落ち」は回避できた模様。もしかしたら禁止ワードは「ブラック企業」だったかと反省。

 

ある程度の長さの記事を一定量書いたブログを見ると、おそらく運営者が

「刃向かってくる危険な奴」かどうかの判定はつくのだと思います。

 

実際、すんなり受かっている人のブログを見ると毒気とかが無縁の人が多いですね。

こちらからしたら「え、それぐらいの文字数、記事で通ったの」と思うぐらいですが、

危険人物をうっかり合格させて後で面倒なことになるよりよほどいいのでしょう。

 

この間コメントいただいた2人、Youtubeで喧嘩売ってアカウント削除されたからアドセンス申し込めないって書いてたけど何をしたのかとても興味あります。しかし聞けませんでした(笑)。

 

何十本か記事を書いてしまうとどんな人間かおのずと明るみに出てしまうのでそのうち敵意を向けられるかもしれません。この間ブログで「怖いコメント」が来たって記事書いてた人がいましたが、その後休んでいるようです。

 

こちらのブログ、リンクも外してはてなグループにも入ってないのに読者数が11人にもなり、昨日のアクセスが57(ありがとうございますでもどこから??今日急に読者さんが増えてアクセスも90超えてますおかしいです)。だいぶ気を抜いて適当に書いてますが見られてることが多くなってきたってことですね。

 

HIKAKINさんみたいに毒がない人でもいろいろあるみたい。

 

gendai.ismedia.jp