明日は明日の風が吹く

某塾で個別指導講師やってます。日記とか考えたこととかを記事にしています。

熱中症とスポーツの話

今日ネットで見るまではさっぱり気づかなかったのですが、高校野球や東京オリンピックをこうした暑い時期にすることについて、野球をやっていた人の話がありました。

 

選手は普段から炎天下で長時間練習させられてるのに甲子園の試合のときだけ熱中症の心配をするのは意味がない、と。おそらくオリンピックに出場するようなアスリートもそうなのでしょう。

 

観客が熱中症で倒れることはあっても、選手は元々過酷な状況で練習するのが普通だからたいしたことないのだなと思いました。選手が熱中症で搬送されるという可能性は低いのでしょう。

 

猛暑日には屋外で練習してはいけないというルールを作るべきなのか。そんなこと言ってたら夏の間練習できない日々が続くだろうしそれは無理でしょう。

 

うっかり気づきませんでしたが、選手たちからすると的外れな議論をしているのかもしれません。