明日は明日の風が吹く

某塾で個別指導講師やってます。日記とか考えたこととかを記事にしています。

売っている食品の成分が気になって仕方がない

f:id:MT6538:20180728153232j:plain

 

 

<塾のお仕事日記>番外編

 

こんにちは、M(エム)です。昨日は1コマだけのお仕事にも関わらず生徒がぶっちしましたので「塾のお仕事日記」は特に書くことありません。何しに行ったのか分かりませんが心は波打つこともなく平静そのものでした。人間慣れって大事ですね。何でも場数を踏めということ。ただしみずみずしい感性を失ってあたかも能面をつけた人型ロボットのようになっていくかもしれないのでそこは要注意です。レッツ☆スマイル!

 

またもや担当の生徒が欠席したと知って母親が「今の時代、大学なんて全員入れるんやから気にせんでいい」と訳知り顔で言ってきます。母よ、一応ツッコミいれておきますがいくら少子化でもそれは誤解です。

 

本題の導入部

 

さて、皆さんは食品や飲料水を買うとき、パッケージとかシールに表示されている成分を確認することがあるでしょうか?いつも買っているものや生鮮食品を除き、私はほぼ全て買う前にいちいち確認します。明らかにたくさん人工物質が入っている製品にはどうにも不安を覚えるので買っていないです。神経質と言われるかもしれませんが、摂取すると実際如実に体調が悪くなってしまうのです。


なぜこんなに

 

ちょっとお店に入ってその辺に置いてある商品を手に取りチェックしてみると、

 

着色料
保存料
発色剤
ph調整剤
酸味料
乳化剤
香料
乳化油脂
発酵風味料
酸化防止剤
増粘多糖類
グリシン
ソルビット
ショートニング
酢酸ナトリウム
アルギン酸エステル
加工デンプン
イーストフード

 

といった文字が次々と目に入ります。これらの物質のどれくらいの分量が商品に含まれているのか、また長期的に摂取した場合体に悪影響があるのかないのかなど全く調べていませんし、また調べても結局本当のところは分からないのではないかと思っています。ただ人工的な物質を日常的に摂取することが長年にわたるのは、どんな人にとっても良くないのではないかと個人で勝手に不安に思っている次第です。

 

私のような弱い人間は1回でもけっこうなダメージを受けるのですが、健康そのものみたいな人であっても徐々に体にたまっていったりするのではないでしょうか。広大無辺な海も人間が作ったいろいろな合成物を廃棄し続けた結果ついに汚れてしまったように、いかに頑健な人でも毎日毎日人工物をとっていれば、いずれ血管や内臓、脳に悪影響があるのではないか。そんな危惧をいだいてしまいます。

 

ヘルシーなイメージで売り出されている製品の成分表示にものすごくたくさんの人工物が載っていたりすると、ちょっと不思議だなあと思うわけですね。体にいい成分と人工物を同時に摂取すると、体にとってはプラスマイナスどっちになるだろうって。私のようにそんなことをいちいち気にする人は少数派でしょうから、そうした商品が売れ続けているのですが。

 

食品を製品として売り出すのにこんなにもいろいろと加えなければならないというのは驚きではあります。酸化防止剤とか保存料とかは理由が分かる気がしますが、着色料とか発色剤とか入れないと売り上げが変わってくるんでしょうか。一瞬の見た目を華やかにするためだけに体に不要なものを取り入れたくないなあと思うのですが、それも全体からすると少数派なのでしょう。


処理するのは肝臓?

 

おそらくですが、そういったものを食べると肝臓のあたりが重いというか、不快感を感じるので分解処理の担当は肝臓なのでしょうかね。あとは腎臓も、ろ過して尿にする過程で毒を何とかしてくれているのかもしれませんが。肝臓は「沈黙の臓器」と言われ、普通は黙々と仕事をしているらしいのですが、私の場合は全く黙っちゃおらず気に入らなかったらすぐストライキを起こすんですよ。

 

オーガニック無農薬は安心だけれどお高め

 

有機栽培とか無農薬、マクロビオティックを売りにしている商品は気持ち的に安心ではあるのですが、いかんせん価格が高いです。JASマークがついている商品などですね。私の場合アレルギーが重症の時にはそうした食品しか食べられませんでしたが、回復するにつれやはり費用の面で難しいということになりました。例えば鶏肉や卵でも、抗菌剤・抗生物質を使用していない放し飼いのものになると値段は何倍もします。

 

お菓子はシンプルなもの

 

一時はお菓子も完全にやめていた時期があったのですが、数年前に解禁し、材料がシンプルなものならよしとしました。売り場で入念に(?)調べた結果、ポップコーンや芋けんぴなどならば害はなかろうということで、物足りない時に食後に追加して食べています。砂糖の含有量が高いものは一応回避しております。

 

ポテトチップス類もたまにジャガイモと塩のみで作ったというような製品もあってそれはたまに買って食べることもあるのですが、ほとんどは何かのエキスとか調味料とか味付けのためにたくさん入っており、私としては心配なのでやめておこうとなりました。酸化した油は体に良くないそうなので、私個人の体をおもんばかるならば本来ポテトチップス自体やめておくのが正解なのかもしれません。

 

病気の一因になりうるどうか

 

今現在は、そうした人工的な物質を年がいってから摂取し始めた世代、若い頃から摂取し始めた世代、生まれた時から摂取し始めた世代と混ざっていると思います。年がいってから摂取の場合はそこまで影響はないかもしれませんが、生まれてからずっとそうした物質を無頓着に摂取してきた場合どうなるのでしょう。実験のしようがないので、自分の体感か他人の経験談を元にしておおまかに判断するしかないかと思います。

 

おわりに

 

いかがだったでしょうか。普段食べたからといって別にどうということもない、大丈夫だよという方が大半だと思います。私は自分が非常に過敏で弱いので気にしますが、人によっては、長期にわたって食しても元気で長生きしたから関係ないということもあるでしょうね。それぞれ自分の感じるところによって食べるものを選べばよろしいかと思います。ここまで読んでいただきありがとうございました。