明日は明日の風が吹く

某塾で個別指導講師やってます。日記とか考えたこととかを記事にしています。

80・50問題についてひきこもり当事者からの意見

f:id:MT6538:20180627122511j:plain

こんにちは、人生詰みぞうです。皆さんは80・50(はちまるごーまる)問題という言葉をご存じでしょうか。簡単にいうとひきこもりが長期化し、子供が50歳くらい、親は80歳くらいになりもう本当にヤバイぞ親が亡くなったらそのあと子供はどうすんだオイっていう話です。社会から孤立し、親子共に自宅で亡くなっているのを発見されたケースもあります。国や自治体がようやく調査や対策に乗り出す状況です。私はほぼ当事者といっていいと思いますので、意見を書いてみたいと思います。

 

 

目次

 

病気が長期化、が多いと推測

 

全国的な調査結果がまだなのではっきり言えませんが、やはり心身の病気がなかなか治らないことが原因であることが多いのではないでしょうか。あとは発達障害などによる対人関係がどうしても無理というタイプ。ブラック企業に勤めてしまい一時的に不調をきたしてひきこもったとかいうなら、回復すれば早期に社会復帰するでしょう。長い年月ひきこもるというのはそう簡単に解決できない問題があることを意味します。私の場合は強度のアレルギー症状と並外れた体力のなさでした。

 

 

年齢がいくほど社会復帰のハードルは上がる

 

これまでのひきこもり支援は若者中心だったと思います。若いというだけで「まだやり直せる」という救いの希望はすごくあるんですね。実際ひきこもりの経験があっても若いうちに脱してうまく復帰できたという人もたくさんいると思います。しかしひきこもり期間が長期化すると本当に厳しい。まず希望は失われていきます。結婚したり子供を作ったり家を建てたりするのなんてまず無理だなと。それどころか働くことすらできないまま一生が終わる恐怖におびえます。そりゃそうですよね働けるもんならとっくに働いてますから。仮に病気が治って働ける状況になってきたとしても、履歴書書く段になってこの空白期間どうすんだという話になります。採用されるわけがないと。

 

 

人としゃべることすら恐ろしい

 

何年も家にこもって家族とだけしか会話していなかったら他人の目が怖くなります。重度の人は家族とすら会話せず、ネットオンリーみたいになっている人もいるかもしれませんが。私は家族とはしゃべり、調子のいいときにはコンビニなどに行ったりしていましたが、「あーいい年して昼間っからブラブラしてるんだもんなあ。皆働いてんのに」と落ち込んだり申し訳なく思ったりしていました。都会の場合は他人のことをあまり詮索しないのですが、ご近所では「あそこの息子家にずっといて働いてない」というのは知られてたと思います。そういうことは重くのしかかっていました。

 

種々の支援を期待する

 

長期ひきこもりの人たちには段階があると思うんですよね。働いたりといったことは無理でも、外に出ることは可能で同じ境遇の人とかカウンセラーとは話せるぐらいの人。そういう人にはそれなりの場、悩み相談や交流ができる場所があれば心強い。もしかしたらさらなる回復が見込めるかもしれません。若い人対象のひきこもり支援センターはダメです。恥ずかしくて中年は行けません。重度のひきこもりは生存の確保の問題になりますから、相談員の訪問、生活保護など社会保障の面からのアプローチになると思います。

 

本人にできること

 

私も長期的に引きずってしまいましたから偉そうなことは言えませんが、病気や障害などなかなか治療しても効果が出ない部分はともかく、他にできることを挙げてみます。一つは生活リズムを作ることです。どうしようもない不眠に長い間悩まされましたが、今は何とか朝早めに起き、晴れていれば太陽の光を浴びに外に出て夜は遅くならないうちに休みます。もう一つは体力の維持です。これも虚弱な私が言っても説得力がないですが、少しでも調子がいいときは歩く。家の中でも動く。年齢がいくと動かないのは本当にやばいです。あらゆる不調を招き寄せます。私の場合鍛えるというのは残念ながら無理なんですが、体力をこれ以上落とすわけにはいきません。

 

生きのびることはあきらめない

 

長期間ひきこもっていると生きている意味とか分からなくなってくるわけですよ。いや元々生きている意味なんか分かっちゃいませんけど。ただ私個人の考え方としては「粘れ。ひたすら粘れ。あきらめるな」と言いたいですし、自分にも常に言い聞かせてきました。自暴自棄になって死のうとしたり他人に危害を加えたりしたら本当に取り返しがつきません。粘っているうちにかすかに光明が見えてくるかもしれない。…なんてカッコつけて言ってみましたが実はただ命が惜しかっただけです。臆病なんですね。痛いの苦しいの大嫌いです。

 

 

ホント将来どうしよう

 

長期のひきこもりによって、人間はだいぶ変わってしまったと思います。もはや未来への夢とか希望とか輝かしいものとは一切無縁。過去との連続性もなくなり、自分のアイデンティティなるものもさっぱり分かりません。将来的にも、最悪生活保護を受けるもやむなしとまで思うようになりました。親が死んだらどうなるんでしょう。現時点で何か有効な対策をたてているわけではありません。何かの加減で自分の方が親より先に逝ってしまう可能性もあるわけだし…。考えても何も出てきません。

 

おわりに

 

いかがだったでしょうか。長期間ひきこもっている理由はそれぞれですが一朝一夕にはどうにもなりません。「甘えてんじゃねえ」というお叱りはごもっともなんですがこれでも本当に何とかせねばという思いが途絶えたことはないのです。申し訳ないという忸怩たる気持ちでいっぱいです。大きな社会問題と化していくでしょうから当事者として意見を述べてみました。ここまで読んでいただきありがとうございます。