明日は明日の風が吹く

某塾で個別指導講師やってます。日記とか考えたこととかを記事にしています。

メインからの引っ越し⑪ 「どこの集団にもカースト?」

f:id:MT6538:20180711151333j:plain

 

f:id:MT6538:20180711151101j:plain どこの家もこんな感じ?ぬこ強すぎ

 

上の画像はこちらの記事より引用させていただきました ↓

matome.naver.jp

 

グッモーニン人生詰みぞうです。皆さんは自分の属する集団で「カースト」を感じたことがあるでしょうか。ある程度の人数がいる集団になりますと、上の画像の平家のように、自然と上下関係が出来てきます。全員対等だったらすばらしいのですが、なかなかそうもまいりません。「カースト」って単語を検索したらWikipediaの「カースト」「スクールカースト」と来て3番目に上記の記事が来ておりましたのでリンクを貼りました。新入生向けの下記のような記事もあって、建前抜きの現実が浮き彫りにされています。

shingakunet.com

ということで今の仕事先である塾でのカーストについて考えてみました。 

 

 

目次

 

生徒>職員>講師

 

実質上はこういうランク付けになりますかね。生徒は「お客様」。職員は正社員で給料をもらい福利厚生等しっかりしていますから安泰ですね。繁忙期にはかなり忙しいようですが、女性社員がそれほど入れ替わらずに勤務していることと、ネット上でのこの企業の口コミ評価からすると塾業界にしては社員待遇はいいのかも。残業多くて辞めたという書き込みもあり一概には言えませんが。講師は時間給なので福利厚生はないですね。個人事業主ということになります。

 

表面的にはカーストは感じられない

 

まだ日は浅いですが、カーストはあってもそれを表向きに感じたことはまだないです。生徒で問題行動をしているのを見たことがない。職員や講師で嫌な感じを受ける人がいない。皆常識の範囲内でルールを守りながら仕事や学習をこなしているように見えます。もちろん長年勤めている職員さんであれば、保護者対応のトラブルとか問題起こした生徒や講師の1人や2人経験しているかもしれませんが、今のところ平和そのものです。

 

講師内での確実なカースト

 

講師内では確実にカーストがあります。塾内には大きく分けて3つのコースがあり、講師もどこに生息するかで時給とか権威も大きく変わってくることになりますね。

 

集団授業講師

塾の花形です。結局目玉となる合格実績はおそらくこの層から出ていると思われます。講師は実力やカリスマ性を備えて時給も高く、ラフな格好でもOKという上位カースト層。ただ責任や負担も大きいと思われます。ネット上に一部の個人情報が出ているのには驚きました。

 

少人数指導講師

「公文式」ってご存知ですか。あれを塾に取り入れたような感じですね。集団授業に比べれば少し華やかさは落ちるかもしれませんが、塾としては力を入れている感があるので受講生は多いようです。合格者はここからもたぶん相応の割合で出ていると思います。

 

個別指導講師(プロ)

扱いとして差をつけられてるように感じることはありませんが、何となく上の2層に比べると負けている気がしますね。きっちりした格好以外できそうにないですし、急な振替で休業状態になることもしょっちゅうです。調整弁のような存在?そして野球でいえば勝ち数のつきにくい試合にのみ登坂する投手ですね。大差でリードされているときに起用されるピッチャー。

 

個別指導講師(学生)

塾の卒業生から採用しているようです。カーストとしては一番下になるのかな・・・。でもこの人たちは就職したら安定する可能性が高いですからね。たぶん夕方以降が多いので私はほぼ姿を見たことがありません。

 

職員さんたち

 

女性が多いです。今のところ、チョンボがあったことがないというのがすごい。連絡ミスもなくこちらの話もすぐに通じるほどいろいろなことを把握しています。生徒の顔や名前も相当数覚えていると思われ、最初の生徒入塾時の保護者対応で状況を聞き取りその後も随時生徒の面倒を見る、電話応対や本部との連絡など仕事内容は八面六臂のマルチタスクではないかと。ただ、めちゃくちゃ気がつく人と普通ぐらいの人といます。カフェで客のコップが空になったらすぐ水を注ぎに来る人とそうでない人ぐらいの違いですが。まあでも私がそんなこと言える立場でも能力でもないんでね。たいへん勉強させてもらっております。

 

おわりに

 

いかがだったでしょうか。カーストというのは確かにどこにでも存在するでしょう。ただ、お互いが言動に気を使い適度な距離感を保つことで下の層に属する側であっても嫌な思いをすることなくその集団にいることは可能であると感じました。講師も職員も生徒も不愉快な言動をすることなく、相手の事情に踏み込んだり上から目線な態度をとったりすることなく居心地のいい場所を形成しています。組織のリーダーが当初から気を配り、ルールを定め、問題が起きれば厳しく迅速に対処する、そして採用する際にもよく目を光らせるなどの結果かなと思いますが。今後また意見が変わるかもしれませんが現段階ではそういう印象です。ここまで読んでいただきありがとうございました。