明日は明日の風が吹く

某塾で個別指導講師やってます。日記とか考えたこととかを記事にしています。

メインからの引っ越し⑦「オウムから考える!要注意な宗教の見分け方」

f:id:MT6538:20180707125851j:plain

 

こんにちは、人生詰みぞうです。アナタハカミヲシンジマスカー?(棒)だいたい日本人だったら檀家のお寺があって、他は神社行ったりクリスマス祝ったりはデフォルトで、あとは人によって別の宗教を信じている方もおられるでしょう。私はデフォルト組です。特に宗教やろうとは思っていません。ただ、具合の悪かった頃に何冊か宗教関係の本を読むということはありました。これがなんと!心が洗われてみるみる聖人君子に・・・なるわけないですね。相変わらずろくなもんではありません。ともあれオウムのような宗教に引っかかって大惨事とならないよう、注意してみるべきポイントを書いてみました。こんな宗教だったら気をつけよう!

 

目次

 

とにかくお金がかかる

 

これはもう鉄板です。お布施にはじまり、壺とか水晶とか数珠とかお札とか印鑑とか水とか、さまざまなアイテムを「ご利益がある」「厄除けになる」とか何とか言って法外な値段で売りつけ、お金をむしり取ろうとします。こういうところは間違いなく詐欺と思うので近づかないことです。

 

 

脅し文句を言う

 

先祖が浮かばれておらず祟っている、とかこのままだと1年以内に死ぬ、とかね。それで除霊してあげましょう神に祈ってあげましょうみたいな話になって法外なお金を要求、という典型的なパターンにもちこむわけです。そもそも不幸な人を標的にしてセールストークをすることが多いですから、このようなことを言われると動揺してしまうわけですね。不幸に襲われるのはあなたの心がけが悪いからだ、信心が足りないからだ、などということもあります。

 

 

世間の常識からいちじるしく外れている

 

オウムの場合では「悪人は殺してあげることが救済」という教義だったそうですが、そこまでいかなくても夜中に奇声を発するとか珍妙な格好をして街を練り歩くとか、1週間乞食をして修業しろとかお経を一日中あげろとか。だいたい修業のためとか自分の殻を破るためとか理由をつけたりすると思いますが洗脳の手段と思います。

 

ノルマがきつい

 

知り合いを何人入信させろとか、集会の手伝いに駆り出されるとか、会報を何軒に配るとか。そうやって組織の維持・拡大に努めることが徳を積みカルマを解消することだとか吹き込まれます。自発的に信者がやるのはいいですが、上からノルマを決められてそれをこなせというのはどうも違う気がします。家族をほったらかしにしてノルマ達成のために命をかけるみたいになっては家庭崩壊確定です。

 

霊的なことを言って煙に巻く

 

「あなたは前世、私の弟子でした」「この教団にあなたが入ることは天上界の計画で決まっていたのです」「あなたの守護霊が大変心配しています」とか。こんなの口から出まかせ言っていたとしてもその場で反論することは難しい。またこういう話好きな人がいるので、ひっかかる場合があります。前世はマリーアントワネットとか言ってたの誰だっけ。

 

教祖が情緒不安定

 

機嫌がよかったと思えば突然怒鳴りだすような、感情がコロコロ変わるタイプが教祖の場合。これって独裁者型なので、信者はただ恐怖に支配されているだけです。

 

教祖が女好き

 

麻原彰晃は自分の周りにお気に入りの女性信者をはべらしてましたね。「美人はステージが高い」とかなんとか理由をつけて。単なる自分の好みでしょそれ。って皆思ってたと思いますけど。教祖が女性信者にゾウのかぶり物させて変な踊りを踊らせる、とかは論外で。ガネーシャっていうインドの神様?

 

教祖が異様に贅沢

 

まあこれは私の個人的偏見も入ってますけどね。宗教家っていうとやっぱりお釈迦様とかイエスがイメージとして基準になってるんで、あの人たち王侯貴族とは程遠い生活してたでしょうから。あんまり教祖がゴージャスな感じだと違和感感じるわけです。我欲半端ないのに人を救えるんかいな、と。

 

おわりに

 

いかがだったでしょうか。ちょっとこれ以上書き並べるのはまずい感じになってきました。上記のどれかにあてはまる場合でももちろん素晴らしい教えはあるかもしれません(いまさら逃げの態勢)。紀州のドンファンみたいな救世主とかがいても面白いかもしれませんしね!ともかく、明らかな詐欺に引っかかって不幸のレベルが3段階ぐらいアップしたらどうにもならないので、そういうところだけは気をつけましょう。ここまで読んでいただきありがとうございました。