明日は明日の風が吹く

某塾で個別指導講師やってます。日記とか考えたこととかを記事にしています。

我、孔明の罠にはまる <塾のお仕事日記>

f:id:MT6538:20180717151958j:plain

 

こんにちは、M(エム)です。皆さん熱中症には気をつけておられるでしょうか。相変わらず暑いですね。私はクーラーをつけないと後頭部が痛い時があるので、これはもう仕方ないと寝ている際にもつけっぱなしにすることに決めました。時には追加で扇風機も回しております。皆さんも適宜冷房は利用した方が良いかもしれません。搬送されるよりはいいかと思います。

 

 

 

 

新しい講師がたくさん

 

 

おそらく新規に採用された講師なのでしょう、初めて見る人がたくさん来ておりました。このクソ暑いのにネクタイ姿をしているので一発で分かります。最初は渡されたマニュアルの通りにネクタイをしたきっちりした格好で出勤してきたものと思われます、私もそうでしたから。クールビズ期間でもあり一人だけ浮いてしまうことに気がついたので、ネクタイは2,3回で中止しました。これがベテランの集団授業講師になるとネルシャツにジーンズに茶髪とかで、何一つ服装規定を守っていないという姿になります。特に彼らは何も言われることはないようですね。ラフな格好をした人を見ると、ここの塾に長く勤めているのだなと判断できます。

 

 

遅刻大王の謀略

 

 

初回に45分、2回目に20分も遅刻した生徒の3回目の授業の日です。おそらくは今日も20分の遅刻であろうと想定しておりました。ところが意外なことに10分の遅刻で登場したのです。どこで悟ったのか、ちょうど私が「生徒が来ません」って職員に報告して家に電話連絡するリミットが10分なのです。感心しましたね。そして、10分の遅刻で来たことに私の方はちょっと喜んじゃいましてね。「おおっ!今日はわずか10分の遅刻で来てくれた!」みたいに。チョロい。チョロすぎる。チョロQ。始める前はやる気があまり出なくてどうやってお茶を濁そうかと思っていましたが、今回はそこそこ話にもついてきたのでつい熱心に(ついって何だ)授業をやってしまいました。ただ、毎回途中で「トイレ行っていいですか」と5分休憩を入れるなどたいした策士です。トイレは授業に来る前に行ってきておいてほしいものです。

 

 

謎は全て解けた!のかな?

 

 

帰り際に比較的機嫌よく、「8月に東京の大学のオープンキャンパスに行く」と言っていた彼。そういえば、第2志望は東京の私大とファイルにあったような気がします。

 

待てよ、第一志望は県内の国公立と書いてあったはずですが・・・。そうか、それはもしかすると「親の希望」ということだったのか!本人の第一志望は実は東京の私大で、そこの大学はひょっとしたら数学が受験科目にないのでは・・・。帰ってネットで調べてみたら確かに数学は選択制、つまり嫌ならば受けなくてもいいことになっていました。本人は「数学はいらないから別に頑張らなくてもいい」とどこかで思っているということなのかもしれません。

 

 

肩の荷は少し下りた

 

 

そういうことであれば、度重なる遅刻とか今一つやる気が感じられないとかの理由も納得できますし、むしろ第二志望で東京で伸び伸びキャンパスライフを送れるならその方がいいんじゃないのと多少は気が楽になりました。それにしても親子の考え方の間に恐ろしくギャップがあって興味深いです。

 

親:県内の国公立に行かせようとして子供に週2回も非常に料金の高い個別指導を受けさせる

子:東京の私大でヒャッハーしたいが(注:私の勝手な推測です)表立って親に逆らえず、無理やり受けさせられる数学の授業の時間をいかに減らすか策を練る

 

家庭内で日々暗闘が繰り広げられているのかもしれません。 毎回報告書を本人に渡してそこには「何分」遅刻と記入してあるのですが、親にはいちいち見せてないのかなこれは。遅刻の際に塾から自宅に電話連絡されたらどう申し開きをしてるのか気にはなるところです。

 

 

落ち着くところへ落ち着く

 

 

私が若かった頃とは違い、日本では近年、少子化がますます進行して大学も全入時代と言われてますのでね。こちらがしゃかりきになって「第一志望に合格させねば」と必死になる必要はないです。むしろそんなに前のめりになる方が生徒側からしたら迷惑千万なことだろうと思いますので、気を楽に持って柔軟に対応します。「どこかには受かるだろう、最悪すべり止めもあるし」という気持ちで心に余裕をもってにこやかに仕事を進めていけたらなという気持ちになってきました。

 

 

おわりに

 

 

いかがだったでしょうか。うん、我ながらだんだん適応してきました!あんまり悩むようなことじゃなかったですね。これまでの記事で、匿名とはいえブーブー文句たれてしまってごめんなさい。私の側の問題だったのか。好きなだけ遅刻もしてくれ!振替もしたけりゃしてくれ!もう気にしないぞ!と勇ましく言ってはみたいものの、実際は私、けっこう神経質ですからこれからもまた遅刻したり欠席したりしたら悩まされるのかもしれません。ここまで読んでいただきありがとうございました。