明日は明日の風が吹く

某塾で個別指導講師やってます。日記とか考えたこととかを記事にしています。

振替&遅刻祭り <塾のお仕事日記>

f:id:MT6538:20180714142117j:plain

 

こんにちは、M(エム)です。皆さん、どうぞ体調を崩されたりしないよう気をつけてくださいね。夏ってこんなに暑かったですかね。去年はたぶん家にこもってクーラーかけてたのかもしれません。今年は多少なりとも働いていることに感慨を禁じえません。来年はもうちょっと働けるようになりたいものです。おっと、今日はうっかり神社にお参りしてくるのを忘れました。神よどうぞお許しください。その代わり今日行ったラーメン屋、「天孫降臨」っていう名前だったんでそれで参拝したことにしといてください。

 

 

 

3度目の振替で焦る

 

本当は今日は2コマの予定だったんですが、そのうちの1人が昨日、再び振替希望のメールが来ておりました(振替は講師にメールで通知される)。これは3回連続、つまり4週間あいだがあくという事態です。さすがに私も異変を察知し、職員さんにちょっと問い合わせてくれるよう頼みました。「よほど嫌われて講師交代の憂き目」もしくは「志望を文系に変えたので数学いらなくなった」のどちらかであろうとふんでいましたが、大雨の影響と、学校行事が重なったためということで、来週は通常通り来るつもりとのこと。しかしまだ油断はできませんが。というかもうさっさとお払い箱になった方が気が楽だったようにも思ってしまいました。この生徒の場合、前の講師とも合わなくて私が引き継いだ形でして、私も気に入らないということになり次の講師を探しているという可能性も考えられます。ちょっと授業のスピードを上げてしまって、宿題も多めにしてしまったのが悔やまれます。 

 

またしても来ない

 

初回45分遅刻した子、またもや定刻には現れず。結局20分遅刻。だいたい皆初回はそこそこ緊張してやるんですけど2回目からあからさまに授業中の態度がダレ始めるのですな。この子も完全にそうでした。時間通りに来ない、やる気が感じられない、簡単な部分から手取り足取りやっても間違えまくり。まあ私(ガチ音痴)がボイストレーニングのレッスンを強制的に受けさせられるようなもんでそういう状況でやる気を出せっていう方が無理ですね。そもそも私だったらどうして音痴なのにボイストレーニングをしないといけないのか小一時間問い詰めて徹底抗戦ですけど、そこは各家庭の事情ですから。それにしてもやる気のない子の隣で必死になって褒めながら時間いっぱい何とかもたせるのってなかなか精神的にきます。 

 

ラインナップを見てようやく悟る

 

ということで現在の受け持ち状況は以下の通りです。

 

・3回連続振替の子

・2回遅刻、1回寝過ごして来なかった子

・宿題やって来ず前の授業でやったことも全部忘れた子

・1回目45分遅刻、2回目20分遅刻の子

・今のところ時間前に来たり宿題やって来てたりやる気を見せている子(しかし現状では間に合いそうにない)

 

これはもう私の立ち位置は爆弾処理班ですわ。赤のコード切っても白のコード切っても実は爆発するっていうやつだらけじゃないかしらん。 

 

ブルース・リーも言ってた

 

偉人はいいこと言います。

 

”Don't think, feel !” (考えるな、感じろ)

by ブルース・リー

 

そう、これはあれこれ考えちゃいけないケースなんです。やっと悟りました。志望校合格とか、模試の点数アップとか、カリキュラム進行状況とか考えちゃいけない。考えたら殺られる。自分のところにはこのタイプの生徒しか回ってこないぞ。「しんがり」っていうのは生き残る確率低いけど手柄にはならない役回りですからね。

 

"Don't think, forget !" (考えるな、忘れろ)

by 人生詰みぞう 

 

とにかく1回1回頑張ってあとは忘れることが重要。

負ける投げ出す逃げ出す信じ抜かないそれが一番大事MAN。

一回思いっきり本音を言えたらすっとするだろうけどそれはかなわぬ夢。 

  

悩んでることが新入社員レベル

 

早く適応して上手にこなすすべを身につけないといけませんね。最初にちょっとやる気を出したのが空回りしてしまったのだけれどこれが標準状態だと分かったので今後はさして驚くようなこともなく業務を遂行することに努めましょう。ただね、10分たっても生徒が来ない場合職員さんに報告するルールがあるんですけど、毎回毎回「〇〇君がまだ来ないんですが」と言いに行くの嫌ですねえ実際。「この先生が担当している生徒、異常に遅刻率高くない?」ってもう気づかれているのは確実。私のせいなんですかねえ?そこまで責任もてませんよ・・・。  

  

おわりに

 

いかがだったでしょうか。ぼちぼちもう慣れてきましたので次回以降は淡々と、粛々とした記事になっていくかと思います。塾や予備校に子供を行かせてる親御さん、実はけっこうこっそりサボってるかもしれませんぜ?いえいえ冗談です、皆さんのお子さんに限ってそんなことは(笑)。ここまで読んでいただきありがとうございました。