明日は明日の風が吹く

某塾で個別指導講師やってます。日記とか考えたこととかを記事にしています。

蕎麦屋「今出ました!」 <塾のお仕事日記>

f:id:MT6538:20180710162517j:plain

 

どうも、M(エム)です。このたびの大雨で、岡山、広島は大変な被害だそうで、日本は本当に毎年毎年どこかで天災が起きるのを何とかならないのかと思いますが、こればかりはまだどうにもならない気がします。国の力もどんどん削られ、たくさんの国民が避難生活を送ることになるのを指をくわえてみているという歯がゆさはあります。本日は1コマお仕事の日で、ついでに近くの神社でお祈りしてきました。働けるようになった感謝と、どうぞ災害を減らしてくださいと。お前が祈って何か効果あるのかという声がどっかから聞こえた気がしましたが。

 

 

新規案件

 

今回の生徒は週2回の指導ということで、浪人生です。初回は毎度神経を使うもので、事前に個人情報のデータに慎重に目を通し、失敗のないように準備を整えるため通常より早めに入っておきます。今日は神社に参拝した後、45分早めに到着したのでした。プリントコピーしたりしているうちに、5分前になりました。1回目の生徒は5分前に顔合わせをする習慣らしく、受付の前で待機。 

 

職員さん、半笑い

 

しかし、予定時刻になってもそれらしき子が現れません。「ん??初回だし、まさか・・・ね」少々嫌な予感はしていましたが、本人が来たらすぐ案内してもらえるよう職員さんに頼んでブースへ向かいます。今回は学力チェックのプリントを渡してあるのでその採点をして今後の授業の相談をしてくれと聞いていたので、プリントの問題と解答とにらめっこして頭に入れようとするも、「いやもう解答見ながら採点すればいいでしょ・・・」と劣化した脳を甘やかす選択に。数分後、職員さんが半笑いで登場。「電話したらまだ家にいるそうです」「!!」(そこは「今出ましたって言ってました」なら「蕎麦屋か!」ってツッコめたのにな~)それにしても、まさか最初からこのようなことになるとは思ってもみませんでした。 

 

45分遅れで生徒登場

 

80分の授業ー45分の遅刻=35分の授業。うーん私の方は45分早く来てたんだけど・・・。初回から忘れてたんでしょうかねえ。今どきの若い子、気にする風もなく堂々としてましたが。そしてやる予定と言われていたプリントももらってないということで、最初の授業は時間は半分以下だわ中身も予定変更だわでバタバタして終わりとなりました。本人は至って元気なタイプなのでこちらからするとやりやすい感じではありました。個別指導ってバカ高いから遅刻は大損なはずなんだけど、こちらには関係のない話ですね。 

 

皆普通にコミュ力(りょく)あるのね

 

それにしても皆どうして二十歳前でこの状況が平気なんでしょうね、たいへん不思議に思います。初対面の人に横に座られて80分もやりとりする(今日は35分ではありましたけど)。これ、地獄でしょ。大学受験という目的のためやむなくそうせざるを得ないといった面もあるんでしょうけど・・・。若い頃の自分だったら親が行けと言っても「絶対にそのやり方だけはできない」と断固抵抗しますわ。そんな近距離で知らん人と毎週しゃべって落ち着いた気持ちで勉強できるような気がしません。だからいつも「この子らすごいな」という畏敬の念を持ちながら接しております。大変な我慢をしながら通ってきているのか?それともさして何も思わず平然とこなしているのか?心中は分かりませんがなるべく空気を大事にしながらしないといかんなと常に思います。 

 

今のところ週3回労働

 

始めた当初は週1回でも大丈夫だろうか、辞めることなく勤められるだろうかと懸念しておりました。ヘロヘロになるのではないかと。しかしだいたい状況に慣れ、無駄な緊張による消耗をしなくて済むようになってきたので週3回ならいけるぞという気がしております。これからさらにどれぐらい体力が回復してくるのか、なんせ老人一歩手前なのであんまり期待はできませんが、ここまでの経過は予想の斜め上をいく出来です。自分で自分をほめたい。って言おうかと思ったのですがよく考えると結局周囲の助けだったりたまたまいい働き口にタイミングよく採用されたりの結果でしたわ。自分をほめるのはせめて週5の9時5時ぐらい働けるようになってからにしようと考えています。 

 

おわりに

 

いかがだったでしょうか。いやもう心からできる限り働きたい。早く体力が回復してほしいと願っています。しかしまだ無理はできないので匍匐前進状態です。あと、この少子化一直線の時代に生徒をそれなりに集められる塾であること、その点については感心しておりますがパイの取り合いですからいずれ淘汰されてしまう可能性はもあります。ここの塾みたいに朝から浪人生相手に個別指導で働ける場所というのは私の通える範囲にはちょっと存在しないので、もしも倒産あるいは撤退するなどしてなくなってしまうとかわりに働く場所はそう簡単には見つからないでしょう。ですがそのときはそのときで考えることにします。ここまで読んでいただきありがとうございました。