明日は明日の風が吹く

某塾で個別指導講師やってます。日記とか考えたこととかを記事にしています。

まさか、給与が!? <塾のお仕事日記>

f:id:MT6538:20180701190401j:plain

 

こんにちは、M(エム)です。皆さまいかがお過ごしでしょうか。今日はわたくし塾のお仕事の日です。80分×3コマという、1日にしては過去最高かもしれない労働時間と相成りました。毎日ちゃんと働いて残業している方本当にごめんなさい。「世の中舐めてんだろ!」という気持ちはどうぞおさえて、私のことは90ぐらいのじいさんだと思ってください。鋭意体力増強に努めているつもりですかなにぶん心底ポンコツなので長期的に労働時間を増やしていく所存です。

 

 

わけあり生徒たち

 

大雨の中、朝から仕事場へ向かいました。塾で朝から働ける、というのは本当に助かります。ほとんどの塾、特に個別指導については夕方から夜遅くの授業形態なのです。私は朝型でないとすぐに生活リズムが狂ってしまうのでここぐらいしか働ける場所はないんですね。さて、今日は新規の生徒を含めた3人担当です。仮にX君、Y君、Z君としておきましょう。個人情報は出せませんがおぼろげに状況を書いてみます。

 

X君(新規)・・・高校に行っておらず、高卒認定を取って昨年この塾に通ったのち大学受験するも失敗。現在働いているらしいです。この先大学を受けるというわけではなく、なぜ数学を受講しに来たかは不明。教科書を使って基本的なところからゆっくりと進めることになりました。受験に間に合わせるという時間的な制約がないせいか、少し落ち着いて教えることが出来そうです。

 

Y君(新規)・・・通信制高校在学。基礎は一通りやったと申告していましたが、模試か何かで数学0点を取ってしまったとファイルに書いてありました。国公立大志望。彼も塾のテキストを使って基本的なところから教えることに。やる気が非常に見られましたが、緊張していたせいか計算間違いが随所にあり、また中学の範囲の知識で抜けているところが散見されました。

 

Z君(先月より継続)・・・大学に2年間通ったのち中退。2回目の20分遅刻。おそらく指導中に睡魔に襲われており、手と頭の活動が普段の1/3ぐらいになっていた。

 

基本的にとても楽しい

 

授業の進め方としては、生徒をほったらかしにして問題演習させるということがほとんど出来ないのであまり気が抜けません。ゆえに体力の消耗はあるのですが、人に丁寧に説明するのは性に合っているらしく、とても楽しいです(基礎的なことしか扱ってないからではありますが)。逆の立場は絶対にごめんですよ?自分が若かったらよく知らない誰かに隣に座られてぺらぺらしゃべるのを聞いたり、計算してるのを横から見られたりするなんて軽い拷問です。何ハラスメントっていうのかは分かりませんけど。

 

勝利への道はいまだ見えず

 

サッカー日本代表は下馬評を覆して大活躍しましたけど、私の担当の生徒たちは、うーんどうしよう困ったなと。受験生で7月に高1の最初の方をやっててどうやったら入試に間に合うのかいい方法を誰か知ってるなら教えてほしいです。マラソン1時間遅れでスタートしてゆっくり歩きながら上位に食い込む方法があるか?みたいな難しい質問です。私が受け持って全落ちというのは何としても避けたい。疫病神、あるいはとんでもなく教え方が下手みたいに思われるかも・・・。せめて赤坂・千早城で善戦した楠木正成、関ヶ原の西軍大将石田三成ぐらいにまではもっていけないでしょうか。惜しかったあと一歩だったねと言えるぐらいまでには。 

 

驚愕の給与計算

 

それであまりのことに意表をつかれてしまったのが先月分の給与の処理。自分で計算して請求書に書き込み提出してくださいってどういうシステムになっているのでしょうか?いやあの確かにバイトの時間講師ですけど、それって会社の経理とかが一括して計算してくれるんじゃないんですかね普通?そもそも自分時給いくらだっけ・・・?それで源泉徴収も自分で計算してその分引けとなっていました。というかこういうスタイルって珍しくなくて自分が知らないだけなのかな?先に言っててくれたらあらかじめやっておいたのに、行ってから急にあたふたしたので、だいぶ時間を食ってしまいました。計算間違いしてたらどうなるのか・・・。 

 

おわりに

 

いかがだったでしょうか。わけありとは言え、君たちはまだまだ若いんだよ取り返しはきくんだと思いながら全力は尽くしております。一時の苦しさを乗り越えいい未来をつかんでもらえれば私も生活の中に満足感ややりがいを見出すことが出来る。若いうちに後悔しないように頑張ってくれやなどとは説教臭いので絶対言いませんが心の根っこの部分に置いてやっていこうと思います。ここまで読んでいただきありがとうございました。