明日は明日の風が吹く

某塾で個別指導講師やってます。日記とか考えたこととかを記事にしています。

中学入試のメリット・デメリット

f:id:MT6538:20180629175628j:plain

 

こんにちは、M(エム)です。皆さんは中学入試というものをご存知でしょうか。女優の芦田愛菜さんがしばらく芸能活動を休業して受験勉強に専念し、2017年慶應義塾中等部に入学したというニュースがありました。彼女は読書家として知られ、その才女ぶりは随所にあらわれていましたのでさもありなんという感想を抱きましたが、中学入試は年々激化しており突破することは簡単ではありません。私はジャンルとしては畑違いなのですが昔ほんの少しだけかかわったことがありますので意見を述べたいと思います。

 

 

メリット1:高校受験がない

 

中学受験校はおおむね2種類です。ひとつは中高六年を一貫したカリキュラムで過ごし、大学受験に備えるいわゆる進学校。もう一つは大学までセットになっており、ちゃんと出席して単位を取れば受験勉強をすることなく大学へ進学できることがほぼ約束された学校です。前者は中学受験が終了してもまた新たな戦いが始まるというわけですが、後者はのびのびとした学生生活を送ることが出来ます。

 

 

メリット2:均質な環境で過ごせる

 

公立中学であれば、多種多様な家庭環境の生徒が通います。地域によっては、いわゆる「荒れた中学」と呼ばれるところもあるわけです。しかし中学受験をして入る私立中学は、富裕層ばかりとは限らないものの経済的には余裕がある家庭であり、生徒も一定の学力レベルがあると保証済みなわけです。男子校、女子校という形態が多いのも特徴。要するにあまり面倒なことにならない環境を提供しようというわけです。こうした温室育ちをどう考えるかは賛否あると思います。早くからいろいろなタイプの人間に接した方がコミュ力がつくとか世間慣れするとかいう考え方もあるでしょう。

 

 

メリット3:好みの学校が選べる

 

あらかじめ情報を集めておいた方がいいですが、各学校により個性があります。制服の感じも違いますし、校則が厳しくなく比較的自由とか、進学実績に力を入れているとか校舎や設備がきれいとか。その学校に入ってついていけたらどういう大学に入れるということもある程度分かるので、親としてはひとまず子供にレールを敷いてあげたということになります。公立中学は地域によって通うところが決まっていますから個人の希望ではどうしようもないですね。

 

 

デメリット1:とにかくお金がかかる(笑)

 

(笑)というマークをつけたのはまあ、ご容赦ください。ただ、冷静に考えて小学生にそこまでお金かける?という金額になってくるとは思います。大学受験の場合、高校での成績によっては塾に通わずとも乗り切れる可能性はあるのですが、中学受験は絶対にダメ。たとえ小学校のテストで100点を連発するような子でも、塾のノウハウがなければ受かる見込みはありません。試験のレベルが違います。というわけで小4あるいはもっと早くから年間何十万、あるいは百万単位でお金が出ていく。そして運よく合格しても今度は私学の授業料がかかってきますね。お金持ち以外は無理というゆえんです。

 

 

デメリット2:受かってもついていけなければ地獄

 

これは難関校と呼ばれる私立の場合ですが、中1の1年間で中学3年分の内容を終えてしまうカリキュラムのところがあるそうです。つまり、中2から高校の内容です。普通に考えてむちゃくちゃきついですよね。当然、ついていけない生徒も出てきます。そうなったらもう大変。授業ははるか先を進み、完全に取り残され手のつけようがなくなります。なまじ小学校の時には優等生だったという自負があるだけにプライドが傷つけられ苦しい6年間を過ごすことになります。

 

 

デメリット3:親主導の壮絶な闘い

 

受験生本人はまだ遊びたい盛りなので義務的に塾に通っている子も多いのですが、一部の親の前のめり感はものすごいです。これは黒い講師さんの書いている内容が真実だと思いますが、入れ込み過ぎて普通の感覚では引くほどになりますし、また家じゅうがそのような雰囲気にならないとなかなか合格にもっていけない子供もいるのです。果たしてそのような生活で合格を勝ち取ってもその後子供が順調に行くかどうか、人間的に歪まないで済むかは分かりませんが。

 

 

デメリット4:もし失敗したら大打撃

 

比較的倍率の低い高校受験と違って、中学受験は狭き門です。倍率が高い。なので親が必死になるわけですが、ある程度年齢を重ねての大学受験や就活でも失敗すれば後を引くのに、まだ年端も行かない年齢で大きな挫折を経験することのショックは大きいでしょう。自分に自信を失うという結果になり、親からしてもあれほどお金をかけたのに、ということになります。もちろん滑り止めを含め複数校受けることが多いでしょうが、望む学校に入れない場合コンプレックスを引きずる可能性は高いです。

 

 

おわりに

 

いかがだったでしょうか。小学生の段階で勉強漬けの生活を送ることには賛否両論あると思います。また、多くの中学入試で試験内容も思考力・判断力を問うという新たな流れが出来つつあり、正直ますます小学生にプレッシャーを与えるのではないだろうかと感じたのですが、この少子化の時代に中学受験関連の塾業界はますます活況を呈することでしょう。時代は若者たちに独創性とか発想力とかそういうものを求めていて、ただ普通に学校で真面目にカリキュラムをこなしてさえいれば平凡な人生は送れるという時代は終わったのだなと思います。ここまで読んでいただきありがとうございました。