明日は明日の風が吹く

某塾で個別指導講師やってます。日記とか考えたこととかを記事にしています。

これまでの経緯2

 さて、受験で燃え尽きて立派な親不孝クソ大学生となり下がった人生詰みぞうですが、授業も必修以外出ず昼まで寝て、食事はむちゃくちゃ、目標もなく運動部にだけ顔を出すというだらけ切った生活がいつまでも続くはずはありません。バチが当たるときが来ました。

 

持病のアレルギー、劇症化です。薬が全く効かない状況になっていました。夜はますます眠れず、微熱は下がらず、とにかく昼間寝ていました。寝汗をぐっしょりかきながら。

 

地獄への転落の始まりです。

 

このとき、自分が崖っぷちではなく、既に崖の下に落ちていることに気づいていませんでした。そして、落ちた穴はひたすらに深く再び上がってくることができないこともこのときは知る由もありませんでした・・・。