明日は明日の風が吹く

某塾で個別指導講師やってます。日記とか考えたこととかを記事にしています。

これまでの経緯1

はい、どうも。人生詰みぞうです。こんな年になって何してるのか、今までたっぷり時間もあっただろうにどうしてこうなったと思われることでしょう。これまでの経緯を少しずつ書きます。

 

アレルギー系のある病気を発症したのは中学の時。もちろん病院にかよい薬を使っておりました。その後、「そのうち治るだろう」と思っているうちに時は流れ、大学受験でほぼ燃え尽きて心身ともに疲れきっていたのに、「そうだ体が弱いからいけないんだ。これからは体を鍛えて健康になればいいんだ‼」という安直なことを思いついて体育会系のクラブに入ってしまいました。

 

あの頃の自分を思い切りどつきたい。

 

周りは皆ある程度運動経験のある人ばかり。今までろくに体など動かしてこなかった虚弱な人間が急にハードな運動をしたものだから、体は当然悲鳴をあげます。大学の勉強もサボり、午前中は下宿で寝ているなど本末転倒な生活をしばらく続けておりました。運動したあとに酒飲んだり麻雀したりなど、立派なクズ大学生の出来上がりです。当時はそれが「ザ・大学生」みたいな生き方だと勘違いしており、あっという間に大きな災厄を招き寄せることとなります。自業自得です。